挿し木

○まず、挿し木する枝を用意します。 (サンプルはSP種のサンシャインです)

花が咲き終わって、枝と葉の間から新しい芽が出てくるようになったのでは
硬くなりすぎてしまいますので、花が終わらないこのくらいが良いでしょう。
つぼみは持ったが、色もつかないほどではやわらかすぎます。
(写真左)

  

(写真上)
 鋏で葉のすぐ上から切断します。









枝を1芽づつに切り離したところです。
左の2本は、発根をしやすくするため、葉を少なく落したところ。
最右のわき目が伸びすぎているものは、不適当なので,使いません。



ロックウールポットに挿し木したところです。
挿し木の床には、ピートモス、バーミキュライト、ピートモス+バーミキュライト、赤玉土,鹿沼土など
いろいろ使えます。
挿し木したあと、水をかけすぎて、過湿にしないように注意します。

インターローズホームROSEWEBトップ