静電気を利用して消毒



消毒は、ばら栽培でももっとも重要であり、大変な作業です。
日本でも、オランダ同様西暦2000年には農薬を半減させる目標でいきたいと
思います。体に対する影響を考えて達成しなければならないと考えています。
 
下は、略称ECCという、(株)マリックスから発売されている静電気を利用した
防除機であります。まず4個の部品から成り立っています。

1.薬液タンク(容量約10リットル)
  薬剤は、たとえば300坪の面積を行うとして、普通の動噴で使う農薬量の
  半分くらいを3から4リットルの水に溶きます。何種類か混ぜる場合は,水
  和剤1種類にあとはフロアブルとか、乳剤を使った方がよいようです。
2.噴口
  薬剤とエアーを噴出しそこで静電気を帯びさせる。
  電源には、006P 9V乾電池を2個つかう。

3.エアーホース
  静電防除機専用のホース。

4.エアーコンプレッサー
  毎分250リットルくらいの吐出量があるもので、エンジンならば5馬力、モーター
なら3馬力クラスが必要です。



インターローズホームへ1つ上に戻る関連ページへ